《№102》1976年3月発行

表紙・・・・高島誠次郎

私の中の娘(8)・・・・・・・・・・・・・・・・吉田文二

新しい郷土(1)・・・・・・・・・・・写真・霜鳥一三/文・吉越泰雄

―久比岐漫語― 美しいお濠・・・・・・・・・・・・・広瀬光雄

〈詩〉昭和辰年五題・・・・・・・・・・・・・・・・・玉泉典夫

[創作]

棕櫚の葉に・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・水谷梓

靴音・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・金子君子

菊の香・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・市村誠治

たそがれ法師の物語(最終回)・・・・・・・・・・・・中津川洪

[随筆]

糞物語・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・山田康二朗

玉島の良寛研究・・・・・・・・・・・・・・・・・・加藤僖一

うたになっていないうた(のようなもの)雑記・・・・山本富士雄

レルヒ少佐と煙草の吸いがら・・・・・・・・・・・・長谷川増吉

野鳥・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・阿部銓吉

豪雪の中から・・・・・・・・・・・・・・・・・・・潮沢栄一

「ドンドン焼き」と「氷菓子」と・・・・・・・・・・小林勉

一穂の青燈万古の心・・・・・・・・・・・・・・・・一穂隠士

飛騨の高山・遊記・・・・・・・・・・・・・・・・・市村重雄

―四季風声―「かわたりもち」・・・・・・・・・・・・富樫啓

異次元の世界を観る(インド巡遊記より)・・・・・・・筑波進

本とわたし(19)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・杉みき子

会員だより

編集雑記