《№126》1980年3月発行

表紙・・・・筑波進

たかだ・コレクション(14)・・・・・・・坂井勝司の世界(文・吉越泰雄)

すがお(19)・・・・・鹿住晋爾(写真:霜鳥一三/文:安藤喜悦)

―久比岐漫語―

   「これがまあ終の住処とは言わぬが雪五尺」・・・・・勝見治榮

あの頃の光太郎と智恵子・・・・・・・・・・・・・・・武田武文

文学作品に現われた愛の逆説的なかたち(2)・・・・・・・加茂章

[随筆]

山羊の供養・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・竹下乾三

セイノの小父さん・・・・・・・・・・・・・・・・・・高橋釣石

早春雑感・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・牛木文之進

転勤雑記① 庭木と友人と・・・・・・・・・・・・・・竹内徳猪

[短歌]

アフガンの雪・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・鹿住晋爾

白峰峠・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・市村重雄

野鳥・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・竹内金治

[俳句]

凍湖・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・横尾稚堂

大地・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・江見渉

女の四季(3) 春・・・・・・・・・・・・・・・・・・・渡辺はま子

〈詩〉士族屋敷・・・・・・・・・・・・・・・・・・・中村憲三

―四季風声―「12年ぶりのスラローム」・・・・・・・・・富樫啓

宜昌―もの言わぬ戦友に代って―(4)・・・・・・・・・杉本雄三

ユユ⑥・・・・・・・・・・・・・クープリン・著/饒村楓石・訳

[創作]

原色の凝視(5)・・・・・・・・・・・・・・・・・・筑波進

胎(こぶくろ)(10)・・・・・・・・・・・・・・・北川省一

編集雑記