《№142》1982年11月発行

表紙・・・・小林新治

すがお(35)・・・・・杉本雄三(写真:霜鳥一三/文:吉田一)

―久比岐漫語―「公のものごとへの責任と疑問」・・・・・・吉越泰雄

[創作]稚き日・・・・・・・・・・・・・・・・京極英春

〈詩〉北欧寸描・・・・・・・・・・・・・・・・饒村楓石

[随筆]

友と語る・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大久保勝

ゲームウォッチ・・・・・・・・・・・・・・・・小林正夫

近頃の私・・・・・・・・・・・・・・・・・・・加唐義友

秋、寸景・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小林まつ子

再会・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・深沢一雄

[俳句]

天の川・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・吉田文二

折々に・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・室橋涼月

[短歌]

初秋三首・・・・・・・・・・・・・・・・・・・竹内金治

東京盛場いまむかし・・・・・・・・・・・・・・野本信一

文学作品に現われた愛の逆説的なかたち(6)・・・・加茂章

[グラビア]石に顔が生まれました

昭和二十二年ごろの高田図書館(2)・・・・・・・・徳永清事

四季風声―「枯れすすき」・・・ ・・・・・・・・・富樫啓

[創作]

元禄夢物語(4)・・・・・・・・・・・・・・・・勝見治榮

平出修の旧居に標柱が建つ

編集雑記