《№152》1984年7月発行

表紙・・・・黒田紀子

すがお(44)・・・・・岡村寛(写真:霜鳥一三/文:吉越泰雄)

―久比岐漫語―「耐える民」・・・・・・・・杉本雄三

上越後の奇譚(1) ―和奈美之水門・・・・・・平野団三

[随筆]

落飾の人・・・・・・・・・・・・・・・・・稲田春英

おわかれ(決別)・・・・・・・・・・・・・加藤義知

展く海・・・・・・・・・・・・・・・・・・小栗登美子

星・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小林まつ子

青田川花散歩・・・・・・・・・・・・・・・真保極

再び父へ・・・・・・・・・・・・・・・・・藤林徳也

〈詩〉

味噌汁の詩(うた)・・・・・・・・・・・・清水昌治

天国からのメッセージ・・・・・・・・・・・松原智子

わたしの唄・・・・・・・・・・・・・・・・潮沢栄一

ざれ唄・・・・・・・・・・・・・・・・・・山崎栄一

[俳句]

越後爛漫・・・・・・・・・・・・・・・・・高橋釣石

低唱・・・・・・・・・・・・・・・・・・・江見渉

[短歌]

原発の海・・・・・・・・・・・・・・・・・町井さの

[創作]

梵鐘(1)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・金久保武治

 

西ドイツでの日々(3)・・・・・・・・・・・・・・濱口剛

四季風声―「童謡の日」は快晴 ・・・・・・・・・富樫啓

続・本とわたし(7)―若い友への手紙・・・・・・・杉みき子

流汗拭雲上落書帳

編集雑記