《№154》1984年11月発行

表紙・・・・黒田紀子「さざんか」

すがお(46)・・・・・高橋伸張子(写真:霜鳥一三/文:江見渉)

―久比岐漫語―「シュイチョウ」・・・・・・・・久保田好郎

関所破りの僧祖海・・・・・・・・・・・・・・中村辛一

[随筆]

―寄大工町界隈(2)―・・・・・・・・・・・・・・・安藤喜悦

明治の小学生日記・・・・・・・・・・・・・・・・稲田春英

―画事片々―三次元の絵・・・・・・・・・・・・・牧野静夫

[短歌]

暮れゆく・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・桑原昌子

わが声・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・折笠敏和

[俳句]

魚紋・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・高橋青祇

息すれば秋・・・・・・・・・・・・・・・・・・・江見渉

〈詩〉

十三夜・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・山崎栄一

[ブックレヴュー]

川澄農治著「梢山風想」・・・・・・・・・・・・・小林勉

上越後の奇譚(3) ―五智国分寺の琵琶・・・・・・・平野団三

西ドイツでの日々(5)・・・・・・・・・・・・・・濱口剛

四季風声―歌にみるスキー(6)・・・・・・・・・・・富樫啓

続・本とわたし(9)―若い友への手紙・・・・・・・・杉みき子

[創作]

梵鐘(3)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・金久保武治

白塔(2)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・奥野ますじ

会員だより