《№203》1993年1月発行

表紙・・・・臼井茂夫「峻峭妙高」

すがお(95)・・・・・村山陽(写真:霜鳥一三/文:杉みき子)

―久比岐漫語―「原始とのつながり」・・・・・・・・・・松野純孝

井伏鱒二の肖像(3)―不本意な早稲田大学中退―・・・・相馬正一

雪下墨初落書帳

“たかだ”の歌人(18)山崎道子・・・・・・・・・・笠原さい子・評

“たかだ”の俳人(18)子田万里・・・・・・・・・・・江見渉・評

病床つれづれ詩抄(2)・・・・・・・・・・・・・・・小山直嗣

[随筆]

酉年によせて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・桑原清作

シベリヤ俘虜収容所こぼれ話(7)・・・・・・・・・・・土屋正彦

―寄大工町界隈(32)―そり・・・・・・・・・・・・・・安藤喜悦

〈詩〉母の故里・・・・・・・・・・・・・・・・・・潮沢栄一

じょうえつ余話―第8話―九紋龍・江戸相撲で活躍・・・・・村山和夫

わくらばの島をたずねて・・・・・・・・・・・・・・・稲田春英

会員だより

編集雑記