《№212》1994年7月発行

表紙・・・・丸山和夫「お堀の或る日」

すがお(103)・・・・・中村辛一(写真:霜鳥一三/文:久保田好郎)

―久比岐漫語―「神様の贈り物」・・・・・・・・・・・浦壁澄子

堀口大學―高田時代の詩について・・・・・・・・・・小田三月

未明や御風が学んだ中頸城尋常中学校校舎と高田図書館

                      ・・・・・八木弘

流汗拭雲上落書帳

[随筆]

夜の連隊長(田端昔ばなし)・・・・・・・・・・・植木賢三

能「安宅」を観て・・・・・・・・・・・・・・・・堀口信子

寄大工町界隈(35)―「竹の子召すか」―・・・・・・・・・安藤喜悦

西安現代詩人作品抄(2)・・・・・・・・・・・・・・・前川幸雄

「ホンチョウ トモダーチ」・・・・・・・・・・・・稲田春英

―南米トピックス(4)―カーニバル―・・・・・・・・・・沢田克郎

フランス留学便り(2)・・・・・渡辺りか子・渡辺光子・渡辺文雄

辰の詩(私の昭和史)(6)勤労動員(その2)・・・・・・・玉泉典夫

会員だより

文化協会だより