《№233》1998年1月発行

表紙・・・・渡部道夫「操車場Ⅱ」

すがお(125)・・・・・真保脩(写真:橋本健太郎/文:吉越泰雄)

―久比岐漫語―「偶然の至福」・・・・・・・・・・・山崎慎子

『新春巻頭小説』

 紙ヒコーキ――亡き、平原栄一君に捧ぐ

            ・・・・・文:大橋秀二/挿し絵:三上友也

雪下墨初落書帳――1998年一筆啓上仕候

“たかだ”の歌人(32)水口春乃・・・・・・・・・・・笠原さい子・評

“たかだ”の俳人(32)丸山智慧子・・・・・・・・・・・・江見渉・評

[ブックレヴュー]

下村省一著『雪月花』・・・・・・・・・・・・・・・小林毅夫

梅山八十二著『残照』・・・・・・・・・・・・・・・吉越泰雄

雪国つれづれぐさ(13)・・・・・・・・・・・・・・・・・小川清隆

―南米トピックス(20)―リオのキリスト像・・・・・・・・・沢田克郎

安吾追跡《第2部》(4)―自伝小説という名の虚構―

・・・・・・・・相馬正一

●コラム/雁木通り―編集委員から―・・・・・・・・・・小林金太郎

編集雑記