《№240》1999年3月発行

表紙・・・・植木賢三「米山さんから・・・」

すがお(131)・・・・・・・小堺昭一(写真:橋本健太郎/文:大塚美史)

―久比岐漫語― 幻想・・・・・・・・・・・・・・・・河村一美

安吾追跡《第2部》(11)―安吾史譚・柿本人麿の虚実

・・・・・・・・相馬正一

●コラム/雁木通り―編集委員から―・・・・・・・・・・田中孝司

[随筆]

A君によせて―セキショウモの雄花・・・・・・・・・・・小林正宏

夜の涅槃図・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・京極英春

丑の時参り・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・桑原清作

「元・白唱和詩」の鑑賞(14)・・・・・・・・・・・・・前川幸雄

〈詩〉桜の樹の下にて・・・・・・・・・・・・・・・・椎葉伊織

たかだ歌壇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・笠原さい子・選

たかだ柳壇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・長谷川冬樹・選

たかだ俳壇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・江見渉・選

―會津八一とくびきの(6)―社会派写真家濱谷浩との出会い

                      ・・・・・・立本義一

山河はるか(7)―中国東北鎮魂の旅・・・・・・・ ・・・樗沢 仁

じょうえつ余話(21)「精励学館」を開設した高見実英・・・・村山和夫

[ブックレヴュー]

田中正著「越後高田の寺町」・・・・・・・・・・・・・・安藤喜悦

京極英春著「黄熱」・・・・・・・・・・・・・・・・・・渡邉はま子

山の憶い出(13)・・・・・・・・・・饒村楓石・文/佐藤春朗・挿し絵

雪国つれづれぐさ(20)・・・・・・・・・・・・・・・・・小川清隆

―南米トピックス(25)―アマゾン川の発見者―・・・・・・・沢田克郎

座談会:現代詩を語る

―第3回自作の詩を批評する

1999年度「詩に親しむ9回講座」案内

編集雑記