《№250》2000年11月発行

表紙写真・・・・197872日、金谷山医王寺前に建てられた小田嶽夫文学碑の傍で談笑する小田嶽夫と藤林道三(小田三月氏提供)

すがお(140)・・・・・・・・新保啓(写真:霜鳥一三/文:金井建一)

―久比岐漫語― 臍曲がりの独り言・・・・・・・・・・・早川大斗

 

小田嶽夫生誕100年記念

鼎談●貧乏文士ひとすじの道――新刊『三笠山の月』から読み取った実像

 出席者:小田三月/小田正郎/小田大蔵

グラビア●その時の小田嶽夫

    ●もう一つの小田嶽夫文学碑文

 

濱谷さん仄聞・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・京極英春

 

安吾追跡《第2部》(20:最終回)―一代の風雲児・坂口安吾逝く

                      ・・・・・・相馬正一

●コラム―雁木通り―編集委員から・・・・・・・・・・笠原さい子

“たかだ”の歌人(40)杉みき子・・・・・・・・・・・笠原さい子・評

“たかだ”の俳人(40)相川澄子・・・・・・・・・・・・江見渉・評

「元・白唱和詩」の鑑賞(20)・・・・・・・・・・・・・前川幸雄

〈詩〉こくみん金融公庫・・・・・・・・・・・・・・・しまむらこうじ

[ブックレヴュー]

前川幸雄訳「田奇詩集」・・・・・・・・・・・・・・・・国見修二

新保啓詩集「あちらの部屋」・・・・・・・・・・・・・・吉岡又司

新吉原遊郭(6)古川柳からみた吉原・・・・・・・・・・・桑原清作

―南米トピックス(32)―南米大陸と混血・・・・・・・・沢田克郎

雪国つれづれ草(29)・・・・・・・・・・・・・・・・・小川清隆

●創作

苦い春―最終回・・・・・・・・・・・・・・・・・・中遼介

会員だより

第18回文芸たかだ・井東汎賞作品募集

編集雑記