《№261》2002年9月発行

表紙絵・・・・渡部等(はさ木物語)

すがお(151)・・・・・・・・藤林陽三(写真:霜鳥一三/文:姉崎俊雄)

―久比岐漫語― 「申申閣」主人をはじめ・・・・・・・・・・町屋雅章

檀一雄の生涯と文学(10)-―聖なる娼婦像の造形―・・・・・・相馬正一

 

たかだ柳壇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・長谷川冬樹・選

たかだ俳壇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・江見渉・選

たかだ歌壇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・草間馨子

〈詩〉「窓」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・鮮一孝

   「アンコール・ワット」・・・・・・・・・・・・・・・金井建一

[随筆]

きぬぎぬ(後朝・衣衣)・・・・・・・・・・・・・・・・・桑原清作

井上靖の手・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・宮崎潤一

―久比岐野を駆ける(3)―コロシだ、火事だ―事件記者一年生

                  ・・・・・・・・・安藤喜悦

山河はるか―中国東北鎮魂の旅―(13)・・・・・・・・・・・・・樗沢仁

人生の岐路に立って(4)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大野忠男

南米トピックス(39)―サンバの王様・・・・・・・・・・・・沢田克郎

[ブックレヴュー]

田中正著『親藩城下の寺町寺』・・・・・・・・・・・・・・渡辺文雄

大嶋道子著『星月夜』・・・・・・・・・・・・・・・・・・渡邉晋吾

●コラム/雁木通り―編集委員から―・・・・・・・・・・・江見渉

火を噴く焼山(1)・・・・・・・・・・・・・早津賢二・文/佐藤春朗・画

雪国つれづれ草(39)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小川清隆

人生丸飲み・ゴジラ安吾の言葉の力(7)・・・・・・・・・・・国見修二

続・猫ぶるまい(3)『ウシウシ登場 その2』・・・・・・・・・勝見治榮

文芸たかだ叢書

編集雑記