《№267》2003年9月発行

表紙絵・・・・曽田文子(ひだまりの猫)

―久比岐漫語― 『文芸たかだ』讃・・・・・・・・・・・・・・・・・・・石橋正敏

小田嶽夫と墓のこと・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小田三月

檀一雄の生涯と文学(16)-―戦時下の純文学―・・・・・・・・・・・・・・・相馬正一

〈俳句〉上越俳壇史の試み(3)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・中村たかし

〈短歌〉山本かね子歌集『月夜見』・・・・・・・・・・・・・・・・・・・草間馨子

〈川柳〉山一面の胴ふるい・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・長谷川冬樹

〈詩〉詩・二編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・石平淳之助

 [随筆]

万座の一夜・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・宮崎潤一

酒徒雑感・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・桑原清作

―久比岐野を駆ける(7)―事件記者始動は高校生殺人事件・・・・・・・・・安藤喜悦

南米トピックス(43)コカ(Coca)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・沢田克郎

人生の岐路に立って(8)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大野忠男

山河はるか―中国東北鎮魂の旅―(17)・・・・・・・・・・・・・・・・・・樗沢仁

●コラム/雁木通り―編集委員から―・・・・・・・・・・・・・・・・・吉越泰雄

火を噴く焼山(7)・・・・・・・・・・・・・・・・・早津賢二・文/佐藤春朗・画

自然はいかい博物誌(5)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・長谷川康雄

雪国つれづれ草(45)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小川清隆

●創作

続・猫ぶるまい(9)『嗚呼、新撰組猫がゆく』・・・・・・・・・・・・・・・勝見治榮

●会員だより

●髙田文化協会四十周年記念祝賀会のご案内と特集号随想募集

21回文芸たかだ・井東汎賞作品募集

・編集雑記/表紙に寄せて