《№270》2004年3月発行

表紙絵・・・・草村慶子(湯山神楽祭)

―久比岐漫語― 脱・八方塞がり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・内藤章

檀一雄の生涯と文学(18)-―続篇『リツ子・その死』の惑乱―・・・・・・・・相馬正一

〈詩〉忘れ物・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・かないくいち

〈短歌〉『文芸たかだ』のうたびと・・・・・・・・・・・・・・・・・・・草間馨子

〈俳句〉上越俳壇史の試み(5)五智吟社八十周年記念俳句会・・・・・・・・中村たかし

[随筆]

修軍先生の思い出・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・前川幸雄

九十六年を生き抜いて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・保坂平治

俳句・四季折々・望郷・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・近藤和吉

すくすく伸びよ「ふるさとの森」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・杉山文雄

俳句・春・母の味・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小山一翠

―久比岐野を駆ける(9)―小正月の惨劇(1)・・・・・・・・・・・・・・・・安藤喜悦

人生の岐路に立って(10)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大野忠男

山河はるか―中国東北鎮魂の旅―(19)・・・・・・・・・・・・・・・・・・樗沢仁

南米トピックス(44)所変われば意味変わる・・・・・・・・・・・・・・・沢田克郎

雪国つれづれぐさ(46)「五智の娘」・・・・・・・・・・・・・・・・・・小川清隆

火を噴く焼山(9)・・・・・・・・・・・・・・・・・早津賢二・文/佐藤春朗・挿し絵

自然はいかい博物誌(7)「シャベル担いで」・・・・・・・・・・・・・長谷川康雄

[ブックレヴュー]

吉越陽子歌集『選択肢』評・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・工藤紀子

人生丸飲み・コジラ安吾の言葉の力(10)・・・・・・・・・・・・・・・国見修二

●創作

続・猫ぶるまい(10)『陽だまり猫 其の一』・・・・・・・・・・・・・・・・・勝見治榮

―杉みき子童話創作入門講座 優秀作品―

まほうのチューイングガム・・・・・・・・・・・・石田京子・文/三上友也・挿し絵

・表紙に寄せて

04「上越詩を読む会」7回講座参加者募集

・編集雑記