《№296》2008年7月発行

表紙絵・・・小林萌(湯あがり)

くびき野人物風土記(22) チアガール・・・・・・・写真・畠山京子/詩・魚家明子 

―久比岐漫語― 「涙脆さ」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・藤山正行

 

霜鳥一三氏追悼座談会 「やさしく・・それだけで、それ以下のないシモさん」

 

連載小説『くじら学校』(3) ・・・・・・・・・・小林甚三・作/佐藤まさかず・絵

〈俳句〉「詩を書く友に」から・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小林まつ子

〈短歌〉捧賢一歌集『微笑佛』・・・・・・・・・・・・・・・・・・・草間馨子

〈俳句〉上越俳壇史の試み(29)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・中村たかし

〈暑中お見舞〉流汗拭雲上落書帳

ぶらり旅おくのほそ道(2)・・・・・・・・・・・・・・・・・杉臣武/文・挿し絵

アマゾン川とそれを巡る探検物語(1)・・・・・・・・・・・・・・・・・沢田克郎

〈随筆〉“大人の社会見学考”(2) 「お持ち帰り」・・・・・・・・・・・小島国人

             短歌・坊金の大杉(安塚)・・・・・・・・・樫野悦

宿願の槍ヶ岳登頂―その至福のひととき・・・・・・・・・・・・・・・笠原正隆

武蔵野だより―多磨霊園を歩む・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小林金太郎

 

ふみ子の海裏話―火災から救った原稿・・・・・・・・・・・・・・・・市川美喜恵

ふみ子の海ロケ―体験エキストラ・・・・・・・・・・・・・・・・・・丸山正夫

 

ばらこくたい(14) 「お花畑の腕時計」・・・・・・・・杉みき子・文/山本祥二郎

夜烏が啼いた―評伝・越後びと 平出修(1)・・・・・・・・・・・・・・塩浦彰

 

続・猫ぶるまい(31) 「おんな心」・・・・・・・・・・・・・・・・・・勝見治榮

 

300号記念特別随筆募集/表紙によせて/編集雑記

『文芸たかだ』300号記念・井東汎特別賞応募要項