《№298》2008年11月発行

表紙絵・・・臼井一郎(春に続く)

くびき野人物風土記(24) 実り・・・・・・・・・・・写真・畠山京子/詩・国見修二

―久比岐漫語― 「飄逸な青春」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・渡邉隆

見えてきたもの・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・佐藤光子

髙田文化協会が平成20年度新潟県知事表彰を受賞

 

連載小説『くじら学校』(5)・・・・・・・・・小林甚三・作/佐藤まさかず・絵

〈短歌〉小田和子短歌作品集『風の四季』・・・・・・・・・・・・・・・草間馨子

〈俳句〉上越俳壇史の試み(31)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・中村たかし

〈川柳〉老年の恋・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・長谷川冬樹

〈詩〉この手の中に・・・・・加藤由里子/ 大根・・・・・・中嶋勝美

〈紀行〉1$=360円時代のアメリカ(6)・・・・・・・・・・・・・・・中屋滋

アマゾン川とそれを巡る探検物語(3)・・・・・・・・・・・・・・・・・沢田克郎

ぶらり旅おくのほそ道(4)・・・・・・・・・・・・・・・・・杉臣武/文・挿し絵

〈随筆〉舞いに愛で酒を愛づ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・八木弘

            短歌・聴禽書屋・・・・・・・・・・・・・・・・・・・草間馨子

大人の社会見学考その(3) 徳利でチロリ・・・・・・・・・・・・小島国人

―久比岐野を駆ける(33)―夜這いの結末(2)―・・・・・・・・・・・・安藤喜悦

ばらこくたい(16) 図書館今昔・・・・・・・・・・杉みき子・文/武田節子・絵

雪国の鳥さまざま(21) ・・・・・・・・・・・・・・・山本明・文/縄健治・絵

自然はいかい博物誌(33)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・長谷川康雄

雪国つれづれぐさ(72)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小川清隆

夜烏が啼いた―評伝・越後びと 平出修(3)・・・・・・・・・・・・・・塩浦彰

地名と清音・濁音・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・下村省一

編集雑記/表紙によせて