≪№304≫ 2009年11月発行

304号011

表紙絵・・・横尾彰平(初冬の漁港)

くびき野風土記《一三コレクション 6》 郷愁

―久比岐漫語― 鴉、烏、カラス・・・・・・・・・・・・・・・松川ケイ子

連載小説『くじら学校』(10)・・・・・・小林甚三・作/佐藤まさかず・絵

〈短歌〉新潟県の歌誌Ⅱ「新潟短歌」・・・・・・・・・・・・・・草間馨子

〈俳句〉上越俳壇史の試み(35)・・・・・・・・・・・・・・・・中村たかし

〈川柳〉愛燦々と・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・長谷川冬樹

〈詩〉鴉の舞い・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・橋本八典

〈紀行〉

1$=360円時代のアメリカ(11)・・・・・・・・・・・・・・・・・中屋滋

ぶらり旅おくのほそ道(8)・・・・・・・・・・・・・・・杉臣武/文・挿し絵

曇天と濃霧の槍登頂・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・丸山正夫

[随筆]

―久比岐野を駆ける(38)―激しかった選挙戦・・・・・・・・・・・安藤喜悦

              短歌・秋風・・・・・・・・・・・・牛木昌枝

長い足にジーンズ、そして白髪はらり・・・・・・・・・・・・・・河村一美

              俳句・秋に入る・・・・・・・・・・小山一翠

ばらこくたい(20)  駅に西口東口・・・・・杉みき子・文/古田洋司・挿し絵

雪国の鳥さまざま(26)・・・・・・・・・・・・・・山本明・文/縄健治・絵

自然はいかい博物誌(38)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・長谷川康雄

日本ワイン葡萄の父 川上善兵衛 頌(4)・・・・・・・・・・・・・桑原圭司

夜烏が啼いた―評伝・越後びと 平出修(7)・・・・・・・・・・・・塩浦彰

《雁木通り》明日への歩み・・・・・・・・・・・・・・・・・・・国見修二

編集雑記/表紙によせて

●ちょっとのぞき見―(3)このまち あちこち・・・・・・・・・なおえ屋主人