≪№312≫ 20113月発行

312号


表紙絵・・・井上智子〈気配〉

一三の眼カメラの眼 旅の瞽女シリーズ(2) いざ、旅へ

久比岐漫語―  今、生きていることどもを・・・・・・・・・・青山増雄

わがふるさと再発見(1)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・下村省一

連載小説『くじら学校』(17)最終回・・・・・・・・・・・・・・小林甚三

〈短歌〉「二〇一〇年版年間歌集」紹介(1)・・・・・・・・・・・草間馨子

〈俳句〉いまどきの子どもの俳句(3)・・・・・・・・・・・・・飯塚不二男

〈詩〉悠 久・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・貝塚津音魚

〈紀行〉

1$=360円時代のアメリカ(17)・・・・・・・・・・・・・・・・中屋滋

ぶらり旅おくのほそ道(14)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・杉臣武

〈随筆〉

食材「山グルミ」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・丸山正夫

  俳句・新年雑詠・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・岩崎方美

―久比岐野を駆ける(45)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・安藤喜悦

  短歌・喜寿を寿ぐ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・成島岳生

ばらこくたい番外編「もくれんの会」まで・・・・・・・・・・・杉みき子

四角い海・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・み・のるほ

雪国の鳥さまざま(33)・・・・・・・・・・・・・・山本明・文/縄健治・画

自然はいかい博物誌=富取編=(2)・・・・・・・・・・・・・・・・富取朔

夜烏が啼いた―評伝・越後びと 平出修(14)・・・・・・・・・・・・塩浦彰

レルヒ少佐―心に残る高田の友人たち―(2)・・・・・・・・・・・池墻忠和

『文藝冊子』と『文芸たかだ』覚え書き(9)・・・・・・・・・・・小田大蔵

編集雑記/表紙によせて

『未明と鈴江・憂国の情』(渡辺光子 文と写真)