ようこそ高田文化協会へ

新潟県・上越地域の文化の発信基地として52年の歴史を持ち、文芸を愛好し、地元文化の発展にさまざまな形で携わっている
市民の団体です。約350人の会員に支えられています。
昭和34年5月に創刊の同人誌「文芸たかだ」の発行のほか、文化講演会、展覧会、音楽会など様々な文化活動のお手伝いをしています。

2012年03月


 

IMG_1271


豪雪に地すべり…自然の脅威を見せつけられました。庭はまだ一面の雪、でも木々が頭をもたげその先に赤い芽をつけています。朝、明けるのも早くなり東の空が紫色に変わりますと春にむかってまっしぐら、あの冬の、あの雪のことなど忘れて自転車をこいでいます。

 見上げた先にふくら雀が六羽、体をすり寄せていました。今日はホワイトデ―、冬と春も気持ちを寄せ合っているような穏やかな日でした。

 ランドビル前の人魚もお雛様の衣装に着替えました。お花見のポスターとともに、上越の春をお伝えします。

  今月のお客様~  川村康宏さん

IMG_1269




「上越よみうり」の代表を務めておられます。このほど高田文化協会の公式サイトオープンに全面的に手ほどきをして下さいました。事務局で話題になるようなことすべてに詳しく、興味を持ったことには即実行の人。お仕事柄『今』を大事にし、興味の幅が広く、実体験に基づいているのでお話にぐんぐん引き込まれます。

 趣味は映画、音楽、マラソン、英語劇、天体観測に加えライフワークとして「方言」「雪形」の研究に取り組んでいるとのこと。会社の代表としてお忙しい体なのに、よくもまあ、時間の使い方がお上手なのですね。頭も体も動かしているから58歳とは信じられない体躯の持ち主で、それでいてご自分で料理も作ってしまうほど食べることがお好きと言われます。川村さんに大きな影響を与えた本は小田実著「なんでも見てやろう」、納得です。モットーは「自分の目で、耳で確かめる」「読者の顔を浮かべ、記事を書く」・・・すごく参考になりました。電子出版への興味もあると仰る川村さんの目は輝いていました。また、教えて下さいね。


IMG_63501

雪・雪・雪3か月でした。文芸たかだ第318号をお届けします。髙田文化協会で画期的な出来事がありました。公式サイトがオープンしました。さあ、これで全国に発信、創立50周年に向けてはばたく髙田文化協会です。「髙田文化協会」で検索しますとジャーン、荻谷さんが打ち込んだ協会の歴史やバックナンバーの目次が一目瞭然。文化協会だよりも毎回見れちゃうかも。上越の様子や、会員さんの活躍など、いずれ載せたいと思います。皆さんの情報も下さいね。(河村)










≪№318≫ 2012年3月発行
文芸たかだ318号 - コピー

表紙絵・・・大滝美芳(岩屋堂の参道)

一三の眼カメラの眼 旅の瞽女シリーズ(6) 村人集い、瞽女唄を聞く

―久比岐野漫語―  桜ニ映ス・・・・・・・・・・・・・・・・古川実記

太宰治と三島由紀夫  連載第5回・・・・・・・・・・・・・・相馬正一

続・小説「坊ちゃん」誕生秘話(3)・・・・・・・・・・・・・・・勝山一義

〈俳句〉いまどきの子どもの俳句(9)・・・・・・・・・・・・・・飯塚不二男

〈短歌〉太田空賢歌集「この子らの瞳に」・・・・・・・・・・・・草間馨子

〈詩〉募集案内「上越詩を読む会/詩を楽しむ講座」

〈短章天香〉「亭主の長生き」方、教えます

〈随筆〉

大人の社会見学考(10)「押し入れ酒」・・・・・・・・・・・・・・小島国人

     短歌「睦月・如月のうた」・・・・・・・・・・・・・・三浦礼子

―久比岐野を駆ける(48)  二つの顔を持った合併・・・・・・・・・安藤喜悦

     俳句「クレソン」・・・・・・・・・・・・・・・・・・内山美代子

〈紀行〉

1$=360円時代のアメリカ(21) ・・・・・・・・・・・・・・中屋 滋



雪国の鳥さまざま(38)・・・・・・・・・・・・・・山本明・文/縄健治・画

続・疲れという奴の仕業「貰った時間で」・・・・・・・・・・・・丸山正夫

ばらこくたい(30)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・杉みき子

夜烏が啼いた―評伝・越後びと平出修(18) ・・・・・・・・・・・・塩浦 彰

『文藝冊子』と『文芸たかだ』覚え書き(13) ・・・・・・・・・・・小田大蔵

26回文芸たかだ・井東汎賞応募作品

編集後記/表紙によせて


 

 3月も下旬になりました。高田の春の訪れは例年にも増してゆっくりです。
先日、文化協会と同じフロアで活動している「くびき野みんなのテレビ局」の代表の深井さんから、素敵な写真を頂きました。

 高田公園から眺める妙高山系です。何度見ても見飽きません。

IMG_63501
 
 雪原に走る影が不思議な雰囲気を作っています。

IMG_6085

 久々の晴天、青空がまぶしい高田公園の三重櫓。

IMG_6491 - コピー

  雪の下からはもうフキノトウが顔を出しています。

IMG_6463 - コピー


  高田公園の除雪も急ピッチで進められています。桜の開花予想は4月13日だそうです。

 2月末日をもちまして、今年度の「文芸たかだ・井東汎賞」の募集を締め切りました。
今回は県内外から11編の作品が寄せられました。

 銓衡につきましては四月の上旬に銓衡会議を開き、受賞作は五月発行の「文芸たかだ」誌上で発表いたします。

↑このページのトップヘ