ようこそ高田文化協会へ

新潟県・上越地域の文化の発信基地として52年の歴史を持ち、文芸を愛好し、地元文化の発展にさまざまな形で携わっている
市民の団体です。約350人の会員に支えられています。
昭和34年5月に創刊の同人誌「文芸たかだ」の発行のほか、文化講演会、展覧会、音楽会など様々な文化活動のお手伝いをしています。

2013年06月

 髙田文化協会は、上越地域からさまざまな文化を発信する団体として昭和38年7月18日に産声を上げました。以来、この地で皆様に育まれて今年50周年の時を迎えることができました。それを記念して講演会と展覧会を開催いたします。

小和田恆氏後援会「髙田文化協会と文人としての父の横顔」
DSC_0094
 
 小和田氏は髙田文化協会初代会長の小和田毅夫氏の御子息で、現在はオランダのハーグにある国際司法裁判所の判事を務めておられます。高田での御父君との思い出や、髙田文化協会との関わりなどについてお話し頂きます。
 日時:平成25年8月10日(土)午後3時より
 会場:料亭やすね(上越市仲町2-2-3 ℡025-524-7125)
 入場に際しては、講演会協力券(500円)が必要になります。

木暮照子人形作品展

DSC_0096

 木暮照子氏は埼玉県行田市在住の人形作家。日展会友で日本新工芸家連盟会員、行田市蓮の大使、日中友好大使(全日中展)など務めておられます。蓮の花をモチーフにした作品を多く制作されており、以前ご覧になった高田公園の蓮の花に大変感動されたそうです。今回の展覧会は、はすまつりの時期にぜひ上越で作品展を開催したいとの木暮氏の強いご希望を受け、はすまつり実行委員会との連携で実現の運びとなりました。
 
日時:平成25年7月28日(土)~8月2日(金)
 会場:ミュゼ雪小町(あすとぴあ高田5階)
 入場無料

 会員以外の皆様もぜひご参加下さい。

IMG_1322

15年くらい前だったろうか、松之山のブナ林・美人林の幻想的な風景を見た。4月中旬、残雪が白い靄となって辺りを覆い、ブナは透明な、白い芽を吹いていた。息吹きであった。その光景が忘れられず早春の美人林通いがはじまった。雪やら温度やらの条件とこちらの都合がなかなかうまくつかず、あの感動に再び会っていない。それともそれは幻想だったか…今、ブナはすっかり芽を吹き、若葉が重なりイキイキと輝いているが、私はもう来年の息吹きに心は騒いでいる。


今月のお客様 高橋弘美さん

IMG_2226


IMG_2227


キラキラと輝く目が印象的な高橋さんはたくさんの名前を持っています。本名は弘美、童話を書くときはひろみ、七宝作家となる時は緋色美さん。そのほかにも切り絵、羊毛マスコット、手作り絵本制作等々、多彩な方で、ミーハーなところもまた可愛いらしい。30代で子どもが手を離れたのを機会に七宝教室に通い、仕上がった作品が窯から出る瞬間、あの抑揚の気分に魅せられ以来20年近く続けている。「木いちごの会」ではいい仲間と知り合い15年、さまざまな活動を積極的に行ってきた。そして今、童話作りに燃え尊敬する杉みき子先生のもとで研鑽を積み発表される。「紙と鉛筆と想像力があれば」と弘美さんはけらけらと笑い自然体で世の中と向き合う魅力的な女性。2人の子どもは独立し今はご主人と猫2匹の静かな恵まれた環境の中で、夢はたくさん!なんでも挑戦したい!弘美さんは今、そういう時期なのだ。その笑いが一瞬止まり、「難しいテーマの童話を考えています。」読みたいです、きっちりと書いてください。期待しています。そして文芸たかだにも書いてくださいね。


~事務局より~

 50周年記念事業の準備に燃えています。講師先生との連絡、会場設定、ポスター作り、後援のお願い・・・とさまざまな仕事が追いかけてきます。今までにこなしてきたさまざまな事業を参考に、よりいいものにしたい、と事務局は燃えています。会員の皆様にはいろんなご協力をお願いしております。関心を持って参加していただくのがなによりです。

※これまでに約90名の皆様から御厚志を頂戴しております。心から御礼申し上げます。

 25年度総会と井東汎賞・文芸たかだ同人賞の表彰式を6月23日()5時~、やすねで行います。懇親会もあります。お祝いして楽しいひとときを過ごしましょう。ご参加をお待ちしています!!(河村)

 

20170707140457_00001


《№325》2013年5月発行

表紙絵・・・・杉田玄(海)

池田敏章コレクション/斉藤真一「瞽女」その2

―久比岐漫語― 神社はおもしろい・・・・・・・・・・・・秋山三枝子

 


27回「文芸たかだ・井東汎賞」佳作作品発表

  手の中のさだめ・・・・・・・・・・・・古川実記/貝谷雅子・題字

                    ・選評・・・・清田文武

                    ・選評・・・・下西善三郎

27回「文芸たかだ・井東汎賞」応募作品一覧

28回「文芸たかだ・井東汎賞」作品応募要項

髙田文化協会設立50周年記念行事・小和田恆氏講演会、ほか

 


23回「文芸たかだ・同人賞」発表

  「『文藝册子』と『文芸たかだ』覚え書き」・・・・・・小田大蔵

  『文藝册子』と私―――受賞の弁―――・・・・・・・小田大蔵

 「『文藝册子』と『文芸たかだ』覚え書き」(19)・・・・・・小田大蔵

 


〈短歌〉岡崎康行歌集『草ぼうぼう』・・・・・・・・・・・・草間馨子

〈俳句〉いまどきの子どもの俳句(16)・・・・・・・・・・・飯塚不二男

〈随筆〉

大人の社会見学考(14)「おしゃべり運転手」・・・・・・・・・小島国人

         俳句 初夏七句・・・・・・・・・・・・山本雅子

父、回想の記・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・佐藤洋子

         短歌 卯月は過ぎる・・・・・・・・・・笠原さい子

〈紀行〉$=360円時代のアメリカ(26)・・・・・・・・・中屋滋

ばらこくたい(37) 雪形劇場・・・・・・・杉みき子・文/佐藤春朗・画

夜烏が啼いた―評伝・越後びと平出修(25)・・・・・・・・・・塩浦彰

編集雑記/表紙によせて

雪国の大地主 ――保阪家をめぐる四方山話(7)・・・・・・・宮脇信行

↑このページのトップヘ