ようこそ高田文化協会へ

新潟県・上越地域の文化の発信基地として52年の歴史を持ち、文芸を愛好し、地元文化の発展にさまざまな形で携わっている
市民の団体です。約350人の会員に支えられています。
昭和34年5月に創刊の同人誌「文芸たかだ」の発行のほか、文化講演会、展覧会、音楽会など様々な文化活動のお手伝いをしています。

2015年06月

小川未明標柱2

緑の眩しい季節です。日々のたつ早さに戸惑うことしばしばですが、ちょっと庭に目をやると、昨年と同じ場所に同じ花、今年も咲いてくれたと小さな幸せを感じます。

もうひとつ幸せ、未明ロードに碑が建ちました。日本のアンデルセン・小川未明は上越市出身、生誕の地が幸町にあります。高田の目抜き通り、本町5丁目の四つ角ホテルラングウッド脇に1本。雁木に沿って高田小町前、大谷文具前、スーパーイチコの駐車場・・・そして生誕の地に。じっくり読みたい碑に完成。除幕式にはこの町に住む子供達も参加。キラキラ輝く子供たちの笑顔に幸せを感じました。是非ご覧ください。


今月のお客様 山本明さん~


STA_3670

 「雪国の鳥さまざま」を文芸たかだに連載して下さっている山本明先生が重大なお話で事務局に来られました。それは、なんと!連載を少しお休み? 今号をご覧ください。「56回・最終回」となっています。そこをなんとか…でも先生の意志は固く「少し休みます」。こうなるとお話だけでも。先生は86歳、長く高田農業高校の先生を勤められていました。「どうして鳥をお好きに?」「30歳前後の頃、津南にいました、津南・松之山探鳥会に参加しまして野鳥の声の良さ、鳴き声に興味をもちました。小鳥の可愛さ、また鷲など精悍な顔立ち、澄んだ眼にひかれます」といかにも手の中に鳥がいるような優しい表情をされます。文芸たかだの連載が56回、なんと8年。そして1回1回が深い知識と豊富なエピソードに彩られています。野鳥の会というと、紅白歌合戦を思い出すのですが、以前代表をされていた上越探鳥会は今も多くの会員が。「杜の都で、大小の池沼に恵まれている上越地域は鳥たちの憩いの土地と思われますが、最近、整備されるたびに木が伐られて寂しくて残念」と下を向かれました。気を取り直し「1番お好きな鳥は?」「フクロウですね」「あ、かわいい」…福をよぶ鳥として、民芸品にもなり一家に一つはあります。どんどん福を呼んで、ますますお元気でお幸せに! また書いて下さる日を待っています。


高田公園3

~事務局より~

✧ 高田文化協会の総会を6月13日(土)5時半より「やすね」にておこないます。あわせて、井東汎賞(清崎登代さん)・奨励賞(上原みゆきさん)・同人賞(飯塚不二男さん・草間馨子さん) の授賞式も行います。そのあとに祝賀懇親会も、もちろん行います。会員の皆様、是非ご出席くださり、お祝いするとともに、新年会以来の旧交を温めましょう。お待ちしています。 

✧ 文芸たかだに同封しました、ハガキに出欠の有無・また暑中名刺交換・そして「一言」を書かれて、投函を!!  総会・懇親会のご出席の方は電話にても受付けます。025-525-2205(文化協会)


DSC_0479


《№337》2015年5月発行

表紙・・・・筑波進「著莪の花」

―久比岐漫語―「人を知る事」・・・・・・・・・・・・・・髙岡久

第29回「文芸たかだ・井東汎賞」受賞作品発表

「てがみ」・・・・・・・・・・・・・・・清崎登代/岸田國昭・画

   ◇作者略歴

   ◇選評・・・・・・・・・・・・・・下西善三郎

第25回「文芸たかだ・同人賞」発表

  ・飯塚不二男氏  ・草間馨子氏

29回「文芸たかだ・井東汎賞」応募作品一覧

 

高田開府―高田城築城前史 山城の「水の手」(3)・・・・植木宏

人生を作る―評伝・小田嶽夫(9)・・・・・・・・・・・小田大蔵

〈詩〉雪の夜・・・・・・・・・・・・・・・・・・・中嶋勝美

〈短歌〉小林江子著『ねこねこのお笑い種』― 一行分日記2014

・・・・・・・・・・・草間馨子

〈俳句〉ばらの花・・・・・・・・・・・・・・・・・・小島健

〈音楽〉歌は時を越えて(4)―春への憧れ―・・・・・・・後藤丹

〈映画〉キネマノスタルジア(6)・・・・・・・・・・・杉みき子

「ブックレヴュー」

杉みき子著『おばあちゃんとわたしのふしぎな冬』・・・やすお

淡路霞著『紙を漉く女』・・・・・・・・・・・・・・・河村一美

【随筆】

鉄輪温泉の女将・・・・・・・・・・・・・・・・・・岩崎正也(

 ・俳句「荒神輿」・・・・・・・・・・・・・・・・小関等

 ・短歌「斎藤真一の小宇宙」展―高田瞽女―・・・吉越陽子

越後の女 濱谷朝さん・・・・・・・・・・・・・・徳永健一

若き日のアルバムから(9)・・・・・・・・・・・・田中孝司

東北の桜は満開、歴史を満喫「満天姫の話」・・・・宮脇信行

孫たちに語り継ぐ大河の流れ天皇物語り(3)第11代 垂仁天皇(2)

・・・・・・・大沢桂二郎

雪国の鳥さまざま(55)〈最終回〉・・・・・・・山本明・文/縄健治・画

編集雑記/表紙によせて(筑波進)

30回「文芸たかだ・井東汎賞」作品応募要項


↑このページのトップヘ