ようこそ高田文化協会へ

新潟県・上越地域の文化の発信基地として52年の歴史を持ち、文芸を愛好し、地元文化の発展にさまざまな形で携わっている
市民の団体です。約350人の会員に支えられています。
昭和34年5月に創刊の同人誌「文芸たかだ」の発行のほか、文化講演会、展覧会、音楽会など様々な文化活動のお手伝いをしています。

沿革史

平成16年(2004年)

 「文芸たかだ」第269号~第274号発行 

1月 「文芸たかだ」第269号を協会結成40年記念特別号として発行。全116頁

事務局の作業効率を上げるべく、パソコン・ファックス機能付電話機を導入。

2月1日  新年会(やすね) 前会長姉崎俊雄の送別会も兼ねて行われる。45名参加。

3月 今月より事務局制作の「髙田文化協会だより」を発行する。

5月29日 総会において新会長に藤林陽三、副会長に杉山百合子・髙井進が選出される。

同時に行なわれた授賞式では「第21回文芸たかだ・井東汎賞」奨励賞が中遼介氏の『寒い春』、「第14回文芸たかだ・同人賞」が曽田文子氏の「表紙画『ひだまりの猫』他2作」にそれぞれ贈られた。

6月12日 上越詩を読む会主催の「白石かずこ講演会」の後援をする

12月 顧問玉泉典夫氏死去

 

平成17年(2005年)

 「文芸たかだ」第275号~第280号発行

2月25日 新年会(やすね)

3月12日 「阿部金二氏講演会―惨事からよみがえる」開催(やすね)

4月 事務局長が勝見治榮から河村一美に代わる。

5月 副会長真保極氏死去。

6月11日 上越詩を読む会「谷川俊太郎講演会」後援。

6月18日 総会。議事の中で、協会の財政を安定させるため、協会規約第10条の改正を提案、承認される。これにより、今までの普通会員・特別会員という枠を撤廃。新たに一般会員と、賛助金を支援する特別会員を設ける。

「第22回文芸たかだ・井東汎賞」は該当作品なし。「第15回文芸たかだ・同人賞」は佐藤光子氏の『蚊帳』、河村一美氏の『恋文の始末』の2作に贈られた。

7月 現在事務局のある雁木通り美術館を含めた建物(旧長崎屋)が取り壊されることが決まったため、移転先として本城町の「春秋会館」が候補に挙がる。

10月2日 上越美術協会と共催で「林 紀一郎講演会」を開催。

11月 移転先として決まっていた「春秋会館」がアスベストを使用していたことが判明、移転先が白紙に。

 

平成18年(2006年)

 「文芸たかだ」第281号~第286号発行。

1月 予定していた新年会が大雪の為中止になる。

3月11日 「市川信夫氏講演会―おりんからふみ子へ」主催(会場やすね)

6月24日 総会。

「第23回文芸たかだ・井東汎賞」に渋谷八十七氏の『貫通しない場所』が、「第16回文芸たかだ・同人賞」に長谷川康雄氏の『自然はいかい博物誌』がそれぞれ決まる。

7月 霜鳥一三氏死去。「文芸たかだ」に数多くの写真を提供し、誌面をより深く豊かなものにした功績は大きい。

8月 展覧会「手と手あわせて―ぬくもり展」開催。

(南厚生会館)「かなやの里」の知的障害者の描いた絵と文化協会の会員の作品のコラボレーション作品170点を展示。この地域では珍しいスタイルの作品展ということで好評を得る。約1200名来場。

11月 事務局の移転先が本町5丁目のランドビル(旧やま江家具店)1階に決まる。

12月 事務局移転。利便性もよく明るいフロアで来客数が激増する。

 

平成19年(2007年)

 「文芸たかだ」第287号~第292号発行

1月20日 「相馬正一氏講演会―坂口安吾と現代」主催(やすね)その後新年会

6月16日 総会。その後授賞式。「第24回文芸たかだ・井東汎賞」にかどわきみちこ氏の「ウマとリンゴ」、「第17回文芸たかだ・同人賞」に勝山一義氏の「坊ちゃんのモデル関根萬司が高田中学へ来た理由」が選ばれる。

8月 第2回「手と手あわせて―ぬくもり展」開催(大和上越店)約800名来場。

10月 吉越泰雄編集長が「上越市功労賞」を受賞。「文芸たかだ」の永年の編集作業に対する功績が認められた。

 

平成20年(2008年)

 「文芸たかだ」第293号~第298号発行

1月26日 新年会

3月8日 杉みき子選集第4巻出版記念会

6月20日 総会 「文芸たかだ・井東汎賞」は文芸たかだ300号記念特別賞を設けた為、その前後の年は募集を行わないことになった。そのため「第18回文芸たかだ・同人賞」のみの授賞になった。八木弘氏の「映画『縮図』(1953年)撮影当時の雪の高田風景」に決まる。

8月3日 高野喜久雄を偲んで「蓮の花コンサート」(上越文化会館)後援。

8月 第3回「手と手あわせて―ぬくもり展」開催(大和上越店)

9月 新潟日報事業社刊「懐かしのわが町上越」編集協力

11月 新潟県知事より知事表彰を受ける。「文芸誌発行による地域文化の振興に寄与した功績」による。

 

平成21年(2009年)

 「文芸たかだ」第299号~第304号発行

1月31日 新年会(やすね)

2月 「文芸たかだ」第300号を記念した「井東汎賞特別賞」に15作品の応募があった。その中から早川阿栗氏の「マリッジ・マリッジ・レインボウ」が特別賞に選ばれる。また、多くの会員の方々から寄稿、寄付を頂戴した。

3月25日 「文芸たかだ」300号を発行。全148頁の充実した内容となる。

6月27日 総会(やすね)

文芸たかだ300号記念「井東汎賞特別賞」の授賞も併せて行われ、早川阿栗氏に賞状と副賞30万円が贈られた。今回は同人賞は該当なし。

8月 第4回「手と手―あわせてぬくもり展」開催(大和上越店)。大和デパートの閉店が決まったため、今回が同店での最後の開催になる。

10月17日 「篠田正浩氏講演会」(上越文化会館)上越ケーブルビジョン・上越映画鑑賞会と協力。。

11月 「小山直嗣顕彰展」(小川未明文学館ギャラリー)後援。

12月 上越文化会館30周年記念事業、市民音楽劇「くびき野の歌」後援・協力

 

平成22年(2010年)

 「文芸たかだ」第305号~第310号発行

1月29日 新年会(やすね)

2月24日 前会長姉崎俊雄氏死去

4月 大和上越店閉店。上越に百貨店が無くなる。

6月19日 「佐藤正二講演会―堀口大學と高田」(やすね)その後総会、授賞式。「第20回文芸たかだ・同人賞」に「小山直嗣顕彰事業」による小山直嗣資料調査および偲ぶ会実行委員会の世話人として成島継紀・本山松郎・髙波昭子の3名が選ばれる。

8月 「文芸たかだ」創刊当初からの会員であった長谷川冬樹氏死去

9月 「森洋子氏ミニ講演会」(上越市立博物館)「司修氏文化講演会―蕪村へのタイムトンネル」(やすね)開催。

 

平成23年(2011年)

 「文芸たかだ」第311号~第316号発行

1月 小川未明没後50年「小川未明をしのぶ会」を企画。実行委員会を立ち上げる。

2月4日 新年会(やすね)

大和上越店の中に設置されていた人魚像の保存をめぐり曲折の末、文化協会が中心となり保存活動をすることになる。移転場所と移転費用の確保に事務局長が奔走する。

3月 常任理事古田洋司氏死去

5月8日 「小川未明をしのぶ会」(春日山神社)開催。小川清隆氏の講演、未明作品の合唱と朗読、赤いろうそくの献灯が行なわれる。

6月18日 総会(やすね)「第25回文芸たかだ・井東汎賞」佳作賞に藤山正行氏の「今は昔の物語―貧しい漁師の一家のはなし」、「第21回文芸たかだ・同人賞」には小林甚三氏の「くじら学校」がそれぞれ選ばれる。 

8月 第1回「創立50周年記念事業実行委員会」

9月 人魚像は大島グループの好意でランドビル1階の広場に設置されることが決まり、移転作業が行われた。

10月 「杉みき子選集完結記念講演会」開催(やすね)。

11月 第2回記念事業実行委員会

 

平成24年(2012年)

 「文芸たかだ」第317号~第322号発行

1月28日 新年会(やすね)

2月 平出修旧宅標柱建て直し(除雪の際に破損したため)

3月 第2回「森林短歌コンクール」(県の振興局と共催)

4月 第3回上越水墨画フェスティバル後援

6月23日 総会(やすね)「第26回文芸たかだ・井東汎賞」佳作賞に古川実記氏の「まよひこのしるべ」、「第22回文芸たかだ・同人賞」に佐竹一郎氏の「文芸たかだ第314~316号表紙絵」がそれぞれ選ばれた。

 文化協会設立50周年記念事業として、初代会長小和田毅夫氏の子息である小和田恆氏の講演会を行うことが吉越編集長より報告された。

12月 第3回「森林短歌コンクール」(県と共催)

 

平成25年(2013年

 「文芸たかだ」第323号~第327号発行

2月9日 新年会(宇喜世)

50周年記念事業に人形作家の木暮照子氏の展覧会も行うことが決まる。

6月23日 総会(やすね)。「第27回文芸たかだ・井東汎賞」佳作賞に古川実記氏の「手の中のさだめ」、「第23回文芸たかだ・同人賞」に小田大蔵氏の「『文藝册子』と『文芸たかだ』覚え書き」が選ばれた。

7月 髙田文化協会設立50周年記念事業「木暮照子―蓮花人形展」(ミュゼ雪小町)開催。来場者約1500名と盛況。

8月10日 髙田文化協会設立50周年記念事業「小和田恆氏講演会―髙田文化協会と文人としての父」開催、記念式典とパーティーも併せて行われる。会場はやすね。講演会には400名を超える会員・市民が集まった。パーティーには85名の会員と小和田氏にゆかりの深い人々が出席した。

9月 文芸たかだ記念号発行。

11月11日 地域文化の振興への貢献が評価され文化庁より文部大臣表彰を受ける。

(1) 髙田文化協会創立まで

昭和20年4月小田嶽夫・市川信次・内山泰信・小田蘆雄・藤林道三が「高田文化懇話会」を結成。
同年9月五十澤二郎・市川信次・内山泰信・小田蘆雄・小田嶽夫・濱谷浩・藤林道三が上記懇話会の第2回会合で会の名称を「上越文化懇話会」とし、機関誌「文藝册子」(ぶんげいそうし)の発刊を決める。
21年1月「文藝冊子」を創刊。この年10冊、22年に8冊(通巻18号)を刊行。
23年4月     「文藝册子」を「北陸」と改題し、この年4冊(通巻22号)を刊行。
24年5月田中武が「北陸」の編集実務を小田嶽夫から受け継ぎ、同誌を従来の原則月刊から季刊とし、同年12月までに春・夏・秋の3冊を刊行。秋季号が最終巻(通巻25号)となり、「上越文化懇話会」も自然消滅する。敗戦直後の混乱期に出されたこの雑誌は、地元文化人のほか著名な作家・評論家・詩人などからの多くの寄稿を得て、水準の高い地方文芸誌と評価されている。
34年1月藤林道三と田中武が語り、「上越文化懇話会」の再興と機関誌発行を準備。
同年2月発起人に小和田毅夫、藤林道三、田中武、春山他石、池田嘉一、小田葦夫、小林民哉、小山直嗣、稲荷弘信、玉泉典夫、長谷川冬樹を選出。
同年3月「上越文化懇話会」を再興。『発会式』を高田図書館で開催。会長小和田毅夫、副会長藤林道三・水野勝次を選出。編集長に田中武を指名。堀口大學、坪田譲治、小杉放庵、小田嶽夫、濱谷浩を顧問に推薦。機関誌名を『文芸たかだ』に決定する。
同年5月『文芸たかだ』創刊号を発刊。題字は斉藤三郎、A5版40頁
35年1月「文芸たかだ賞」を制定。編集部が選考する。(昭和45年まで続いたがその後一時中断する。)
37年12月小和田会長による「上越文化懇話会」「高田芸術同好会」「高田読書会」の3団体統合による新団体創立の提案を 満場一致で可決。創立委員に小和田毅夫、藤林道三、水野勝次、田中武、春山他石、梅川偵吉、大島保、小林民哉を選出。
38年7月「髙田文化協会」の創立総会を高田図書館で開催。会長小和田毅夫、副会長藤林道三、水野勝次。顧問に小山元一、川澄農治、斎藤武、中川卓治の4氏を追加推薦。会の名称を「髙田文化協会」とし、機関誌名はそのまま『文芸たかだ』に決定。

(2)昭和38年~58年

昭和38年8月髙田文化協会創立記念行事の人形浄瑠璃「文楽」の公演を開催
41年3月「文芸たかだ」が新潟県同人雑誌連盟に加入。
同年5月田中武(ペンネーム:井東汎)作「命のつな」が新潟県同人雑誌連盟小説賞を受賞。
43年10月「文芸たかだ創刊10周年記念講演会」を開催。講師は坂口謹一郎氏。「酒にはじまる日本の科学」
44年6月吉越泰雄作「叫び」が新潟県同人雑誌連盟小説賞を受賞。
45年5月新役員決定。会長に小泉孝、副会長に田中武・登戸美代治を選出。
46年11月「小川未明展」を高田図書館と共催、「岡上鈴江を囲む座談会」を併せて開催。
47年7月「未明座談会」を開催、全国より未明研究家が参加する。
同年12月「郷土の小川未明」を髙田文化協会の編集で発刊。
48年7月「画人 牧野虎雄生誕の地」(上越市西城町1丁目地内)の石碑を建立。
50年4月「小川未明生誕の地」(上越市幸町地内)の碑を建立。題字は坪田譲治の手による。坪田譲治、小田嶽夫、岡上鈴江ほか多数が参列。
同年11月「文芸たかだ第100号―記念特集号」を発刊。小和田毅夫、小田嶽夫、伊狩章が特別寄稿。NHK新潟で「100号発刊記念」が放送される。
51年5月小山直嗣の詩碑を金谷山公園に建立。
同年11月副会長・編集長の田中武氏逝去
52年5月副会長に春山他石を選出、編集長に玉泉典夫を指名。
53年7月小田嶽夫の文学碑を金谷山医王寺の境内に建立。
54年6月顧問であり髙田文化協会の生みの親でもある小田嶽夫氏逝去。
55年1月「文芸たかだ賞」の復活を決める。
同年3月顧問であり髙田文化協会の生みの親でもある藤林道三氏逝去。
同年5月顧問の堀口大學の詩碑を高田公園内に建立。
56年3月10年ぶりに「文芸たかだ賞」を発表。勝見治榮「金の命・壬生心中」が選ばれる。
同年5月文芸たかだに未明生誕100年の特集を掲載。
57年10月田中武(井東汎)の文学碑を北城神明宮境内に建立。
同年11月平出修の旧居跡(上越市大町2丁目地内)に標柱を立てる。未明生誕100年を記念して高田公園に「小川未明文学碑」を建立。
58年5月『未明ふるさとの百年』を髙田文化協会の編集で発行。
同年7月野村広吉の歌碑を北城神明宮境内に建立。

(3)昭和58年~平成5年

昭和58年10月髙田文化協会創立20年と、『文芸たかだ』創刊25周年記念式典を高陽荘で開催。
・文化財標示板の建立。小林古径(生誕地標柱建立)、堀口大學(寄寓地標柱建立)、荒井賢太郎(居住地標柱建立)、十返舎一九(ゆかりの地標柱建立)、小田嶽夫文学碑(ガイド板建立)、関野貞生誕地(ガイド板建立)、牧野虎雄生誕地碑(改修)
・「文芸たかだ・井東汎賞」を制定。従来の文芸たかだ賞の名称に新しく「井東汎(いとうひろし)」の名を冠し、作品を公募(文芸たかだ掲載作品も含む)する。
59年1月「文芸たかだ・小川未明賞」を制定。小・中学生の創作童話を県内より公募する。(平成7年まで続けられた。)
59年5月新役員決定。会長小泉孝、副会長藤林徳也・玉泉典夫を選出。編集長に吉越泰雄を指名。登戸美代治、春山他石を顧問に推薦。
「第1回文芸たかだ・井東汎賞」を発表。選者は北川省一、相馬正一、杉みき子の三氏。
同年4月NHK総合テレビ「ネットワーク10」が「欺くのをやめよ目をあげよ」で、『文藝冊子と小田嶽夫』を放映。編集部が出演。
61年9月髙田文化協会主催の『小田嶽夫―7回忌』と『藤林道三―7回忌』を開催。
62年9月小川未明「野ばら」の碑を大手町小学校校地に建立。
同年11月斉藤三郎の詩文碑を久昌寺境内に建立。
63年9月顧問の春山他石氏逝去。
平成元年5月「文芸たかだ創刊30周年記念特集号」として「30年前、そこに私が」の特別企画を掲載。
同年9月「芭蕉奥の細道三百年記念」として、仲町4丁目地内に「芭蕉・高田の宿」(細川春庵住居跡)の標柱を建立。
2年5月新役員決定。会長藤林徳也、副会長玉泉典夫・姉崎俊雄(事務局長兼任)を選出。顧問に小泉孝を推薦。「文芸たかだ・同人賞」を制定。(年間の全掲載作品より編集部が詮衡)
3年7月「第1回文芸たかだ・同人賞」の受賞作を発表。『安吾追跡』相馬正一に「同人賞」を贈る。
4年7月第200号に「200号記念座談会―『文芸たかだ』の裏方に聞く」を掲載。
同年11月前会長小泉孝氏逝去。
5年10月元会長小和田毅夫氏逝去。
同年11月髙田文化協会「結成30年記念式典」を料亭やすねで開催。
・記念講演 新井満氏
・記念出版「文藝冊子」全18冊の覆刻本の刊行
・記念事業 鈴木魚都里(ゆかりの地ガイド板建立)、文武済美堂(跡地標柱建立)、金子大栄(生誕地ガイド板建立)

(4)平成6年~平成15年

平成6年1月文芸たかだ第209号を「30年記念特集号」として講演・式典などの要約を掲載。
・借用事務所の市立高田図書館が新築移転のため、事務局は姉崎俊雄副会長と渡部頼一事務局長の個人宅に移した。
同年3月「井東汎賞」の選考委員の相馬正一上越教育大学教授が退官、下西善三郎同教授が新たに選考委員に決まる。
7年3月30年記念事業の一環として、「文芸たかだ・小川未明賞」の第1回から10回までの最優秀作品・特選に選ばれた作品をまとめた単行本『青い翼』(A5判230頁)を髙田文化協会叢書第一号として出版。
同年4月上越市本町5丁目の高田共同ビル6Fに事務局を移転。
8年8月新役員決定。会長姉崎俊雄、副会長杉みき子・真保極を選出。前会長藤林徳也、前副会長玉泉典夫は顧問に就任。
同年9月文化協会叢書に対する『文芸たかだ叢書』を規定し広く出版を呼びかける。文芸たかだが8ページ増の72頁となる。
9年7月執筆60年を祝って「児童作家・杉みき子を囲む会」が行われた。
10年3月藤林徳也前会長が逝去。
同年9月座談会「現代詩を語る」(出席者 前川幸雄、新保啓、金井建一、国見修二)を3回に分けて掲載。これが契機となり「上越詩を読む会」に発展する。
11年3月顧問濱谷浩氏逝去。
12年1月小田嶽夫生誕100年記念として、文芸たかだ第245号に遺稿「濱谷浩と北京の大宴」を掲載。
同年11月「文芸たかだ」が第250号記念号発刊。
13年7年〈上越詩を読む会〉と共催で文化講演を行う。「詩はたのしい文学」講師:高橋順子、新藤涼子
同年11月上越市発足30周年記念事業の一環で「生誕百年の小田嶽夫を語る」講演会に協力。
14年3月〈上越詩を読む会〉の会員を土台に詩集「漂雪」が創刊。
同年10月〈上越詩を読む会〉と共催で講演会「詩に生きて五十年」講師松永伍一。
15年1月文芸たかだ〈短歌欄〉の執筆者が笠原さい子から草間馨子に代わる。
同年5月文芸たかだ〈俳句欄〉の執筆者が江見渉から中村たかしに代わる。155回続いた霜鳥一三の「すがお」が終了。
同年8月〈上越詩を読む会〉主催、髙田文化協会後援で詩人・宗左近氏の講演会を開催。
同年11月髙田文化協会結成40年記念事業遂行。「杉みき子―雪の町に生まれた物語(日本語と英語バージョンの2枚組)DVDを制作。多方面に協力を頂く。それと前後して、髙田文化協会は上越市より「教育・体育・芸術・文化功績」の分野での表彰を受ける。また杉氏も新潟県の「文化功労者賞」を受賞した。
同年12月姉崎俊雄会長が健康上の理由で辞意を表明、受理される。次年度総会までの期間は副会長が職務代行を勤める。

↑このページのトップヘ